研究業績一覧


[学術論文]

  1. Keiichi Tamura, Hajime Kitakami, and Tatsuhiro Sakai:
    Adaptive Distributed Modified Extremal Optimization for Maximizing Contact Map Overlap and Its Performance Evaluation,
    International Journal Computational Intelligence Studies (to appear in 2017).

  2. 高橋誉文,北上始,福本 翔平,森康真,田村慶一:
    ギブスサンプラに基づくアミノ酸配列モチーフの高精度抽出法
    情報処理学会論文誌 数理モデルとその応用(TOM), Vol.9, No.3, pp.32-43, 2016年12月.

  3. Tatsuhiro Sakai, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Density-based Spatiotemporal Analysis System with Photo Image Classifier using the BoF Model,
    Information Engineering Express (IEE)
    , Vol.1, No.4, pp.85-94, 2015.

  4. 高橋誉文,田村慶一,黒木進,北上始:
    幾何学的接尾辞木の高速処理方式
    情報処理学会論文誌データベース, Vol.8, No.2, pp.57-67, 2015年6月.

  5. Shota Kotozaki, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Identifying local burstiness in a sequence of batched georeferenced documents
    International Journal of Electronic Commerce Studies (IJECS), Vol.6, No.2, pp.269-288, 2015.

  6. Tatsuhiro Sakai and Keiichi Tamura:
    Real-time Analysis Application for Identifying Bursty Local Areas Related to Emergency Topics
    SpringerPlus, 4:162, April 2015.

  7. Tatsuhiro Sakai, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Extracting Attractive Local-Area Topics in Georeferenced Documents using a New Density-based Spatial Clustering Algorithm
    IAENG International Journal of Computer Science, Volume 41 Issue 3, pp.131-140,August 2014.

  8. Keiichi Tamura and Hajime Kitakami:
    A New Distributed Modified Extremal Optimization using Tabu Search Mechanism for Reducing Crossovers in Reconciliation Graph and Its Performance Evaluation
    IAENG International Journal of Computer Science, Volume 41 Issue 2, pp.85-192,May 2014.

  9. Yosuke Watanuki, Keiichi Tamura, Hajime Kitakami, and Yoshifumi Takahashi:
    Multiple Buffering for Parallel Approximate Sequence Matching using Disk-based Suffix Tree on Multi-core CPU
    GSTF Journal on Computing (JoC),Vol.3, No.3, pp.51-57,February 2014.

  10. 高橋誉文,田村 慶一,黒木進,北上 始:
    幾何学的なサフィックス木による高速類似構造検索手法
    情報処理学会論文誌 データベース,Vol.6, No.5, pp.62-70, 2013年12月.

  11. 中田章宏,田村 慶一,北上 始,高橋誉文:
    CMO問題に対する改良版EOを用いた発見的解法
    情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用,Vol.6, No.3, pp.87-99, 2013年12月.

  12. Keiichi Tamura, Hajime Kitakami, and Akihiro Nakada:Distributed Modified Extremal Optimization using Island Model for Reducing Crossovers in Reconciliation Graph
    Engineering Letters, International Association of Engineers, Vol.21, Issue.2, pp.81-88, May 2013.

  13. Kaishi Hirahara, Keiichi Tamura, Hajime Kitakami, and Shingo Tamura: Parallel Processing of Burst Detection in Large-Scale Document Streams
    GSTF Journal on Computing (JoC),Vol.2, No.4, 7pages,2013.

  14. Yagi Shinpei, Keiichi Tamura,and Hajime Kitakami: Parallel processing for stepwise generalisation method on multi-core PC cluster,Special Issue on "Advanced Soft Computing Methodologies and Applications in Web Intelligences,"
    International Journal of Knowledge and Web Intelligence (IJKWI), Inderscience Publishers,Vol. 3, No. 2, pp.88-109,2012.

  15. 田村 慶一,木村 浩明,荒木 康太郎,北上 始:段階的一般化法によるミスマッチクラスタを表現する最小汎化集合の効率的抽出
    電子情報通信学会論文誌D「データ工学特集号」,Vol.J93-D,No.3,pp.189-202,2010年3月.

  16. 高木允,田村慶一,森康真,北上始:密な部分構造抽出のための階層的凝集型クラスタリング手法
    日本データベース学会論文誌(Journal of the DBSJ),Vol.7 No.1,pp.275-280,2008年6月.

  17. 田村 慶一,森 康真,北上 始:Extremal Optimizationによる調停グラフの交差数減少
    情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用,Vol. 49, No. SIG4(TOM20),pp.105-116,2008年3月.

  18. 高木 允,森 康真,田村 慶一,北上 始:ブログユーザ空間からの重複を許した頻出コミュニティ抽出法
    情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用,Vol. 49, No. SIG4(TOM20),pp.93-104,2008年3月.

  19. 荒木 康太郎,田村 慶一,加藤 智之,北上 始:ミスマッチクラスタに対する最小汎化パターン抽出方式
    日本データベース学会論文誌(DBSJ Letters),Vol.6, No.3,pp.5-8,2007年12月.

  20. 高木 允,森 康真,田村 慶一,黒木 進,北上 始:ブログユーザ空間からの頻出な部分グラフの抽出,日本
    データベース学会論文誌(DBSJ Letters),Vol.6, No.1,pp.189-192,2007年6月.

  21. 加藤 智之,北上 始,森 康真,田村 慶一,黒木 進:極小かつ非冗長な可変長ワイルドカード領域を持つ頻出パターンの抽出
    電子情報通信学会論文誌D「データ工学特集号」,Vol.J90-D, No.2,pp.281-291,2007年2月.

  22. 加藤 智之,北上 始,森 康真,田村 慶一,黒木 進:極小な可変長ワイルドカード領域をもつ頻出配列パターンの抽出,
    日本データベース学会論文誌(DBSJ Letters),Vol.5, No.1,pp.117-120,2006年6月.

  23. 田村 慶一, 金子 邦彦,牧之内 顕文:Implicit LockとExplicit Lockの混在を許すオブジェクトデータベース管理システム「出世魚」のページロックメカニズム,
    九州大学大学院システム情報科学紀要,Vol. 9, No. 1,pp.37-42,2006年3月.

  24. 田村 慶一,岩木 稔,高木 允,北上 始:PCクラスタにおける混合整数計画問題の並列処理とその性能評価
    情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用,Vol. 46, No. SIG 17(TOM 13),pp.56-69,2005年12月.

  25. 高木 允,田村 慶一,周藤 俊秀,北上 始:Modified PrefixSpan法の並列化と動的負荷分散手法
    情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用,Vol. 46, No. SIG 10(TOM 12), pp.138-152,2005年6月.

  26. 塔野 薫隆,北上 始,田村 慶一,森 康真,黒木 進:Modified PrefixSpan法を用いた頻出正規パターンの抽出をめざして,
    日本データベース学会論文誌(DBSJ Letters),Vol.3, No.1,pp.61-64,2004年6月.

  27. 周藤 俊秀,田村 慶一,森 康真,北上 始:並列Modified PrefixSpan法の設計と実装,
    日本データベース学会論文誌(DBSJ Letters),Vol.2, No.3,pp.25-28,2003年12月.
  28. 田村 慶一, 金子 邦彦, 牧之内 顕文:ラウンドロビン分割法による分散地理データベースに於ける並列Spatail Joinの高速化,
    九州大学大学院システム情報科学紀要,Vol. 6, No. 2,pp.203-208,2001年9月.

  29. 田村 慶一, 中野 裕也, 金子 邦彦, 牧之内 顕文:拡張SEQUOIA2000ベンチマークを使った分散並列オブジェクトデータベースシステム「出世魚」の並列処理性能評価,
    九州大学大学院システム情報科学研報,Vol. 6, No. 1,pp.83-88,2001年3月.

  30. 田村 慶一,金子 邦彦,牧之内 顕文:分散並列オブジェクトデータベースシステム「出世魚」におけるDistributed Wait Depth Limitedデッドロック回避法の実装,
    情報処理学会論文誌データベース,Vol. 42,No. SIG1 (TOD 8),pp.159-170,2001年1月.

[著書]

  1. 北上 始,黒木 進,田村 慶一データベースと知識発見,コロナ社,2013年10月.
  2. Keiichi Tamura, Hajime Kitakami, Akihiro Nakada: Island-Model-based Distributed Modified Extremal Optimization for Reducing Crossovers in Reconciliation Graph, Book Chapter of Transactions on Engineering Technologies Lecture Notes in Electrical Engineering, Springer, pp.141-156, 2013年11月.

[招待講演]

  1. ビッグデータに対する時空間データマイニング 〜位置情報付き文書データの時空間分析手法とその応用〜,ひろしまIT融合Forum知能化技術研究会 第2回研究会,広島市立大学,平成26年10月29日.
  2. 大規模分子配列データベースからの知識発見〜配列データマイニングを用いた配列パターン抽出〜,IEEE SMC Hiroshima Chapter,講演会,広島市立大学,平成24年8月24日
  3. 時系列ブログデータからの知識発見に関する研究 〜データマイニングの立場から〜,情報処理学会,第117回 アルゴリズム研究発表会,広島市立大学,平成20年3月7日

[外部資金](研究代表)

  1. 大規模ソーシャル画像データを用いた動向情報の時空間分析に関する研究 ,科学研究費補助金 基盤研究(C),平成26年度〜平成28年度.
  2. 時空間文書ストリーム上における文書データからの知識発見に関する研究,科学研究費補助金 若手研究(B),平成23年度〜平成24年度.
  3. マルチコア計算機クラスタにおける頻出系列パターン抽出処理の並列化に関する研究,科学研究費補助金 若手研究(B),平成20年度〜平成21年度.
  4. 遊休計算機を利用した頻出系列パターン抽出処理の並列化に関する研究,科学研究費補助金 若手研究(B),平成18年度〜平成19年度.
  5. 計算機クラスタ上での動的なトランザクションスケジューリングに関する研究,科学研究費補助金 若手研究(B),平成16年度〜平成17年度.

[外部資金](研究分担)

  1. 知識創造支援型データベースシステムの構成法と効率化に関する研究(研究代表 北上始),科学研究費補助金 基盤研究(C),平成20年度〜平成24年度.
  2. 制約問合せ処理の最適化と制約データベースの枠組みに関する研究(研究代表 北上始),科学研究費補助金 基盤研究(C),平成17年度〜平成19年度.

[口頭発表(国際会議,査読あり)]

  1. Keiichi Tamura, and Takumi Ichimura:
    Clustering of Time Series using Hybrid Symbolic Aggregate Approximation,
    Proceedings of The the 2017 IEEE Symposium Series on Computational Intelligence (SSCI) (SSCI 2017) , December 2017 (to appear).

  2. Tatsuhiro Sakai, Keiichi Tamura, Hajime Kitakami, and Toshiyuki Takezawa:
    Photo Image Classification using Pre-trained Deep Network for Density-based Spatiotemporal Analysis System,
    Proceedings of The 10th International Workshop on Computational Intelligence & Applications 2017 (IEEE IWCIA2017), November 2017 (to appear).

  3. Keiichi Tamura, and Takumi Ichimura:
    MACD-Histogram-based Recurrence Plot: A New Representation for Time Series Classificatio,
    Proceedings of The 10th International Workshop on Computational Intelligence & Applications 2017 (IEEE IWCIA2017), November 2017 (to appear).

  4. Tatsuhiro Sakai, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Cell-based DBSCAN Algorithm using Minimum Bounding Rectangle Criteria,
    Database Systems for Advanced Applications, DASFAA 2017 International Workshops: BDMS, BDQM, SeCoP, and DMMOOC, Suzhou, China, March 27-30, 2017, Proceedings, pp.133-144, March 2017.

  5. Keiichi Tamura【Best Paper Award】, Takumi Ichimura:
    MHSAX-based Time Series Classification using Local Sequence Alignment Technique,
    Proceedings of the International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2017 Vol I,pp.286-291,March 2017.

  6. Keiichi Tamura, Tatsuhiro Sakai, and Hajime Kitakami:
    Contact Map Overlap Maximization using Adaptive Distributed Modified Extremal Optimization,
    Proceedings of The 9th International Workshop on Computational Intelligence & Applications 2016 (IEEE IWCIA2016), pp.87-91, November 2016.

  7. Keiichi Tamura, Tatsuhiro Sakai, and Takumi Ichimura:
    Time Series Classification using MACD-Histogram-based SAX and Its Performance Evaluation,
    Proceedings of the 2016 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, pp.2419-2424, October 2016.

  8. Keiichi Tamura, Tatsuhiro Sakai, and Hajime Kitakami:
    Location-based Temporal Burst Detection using Outlier Factors in Geo-tagged Tweets,
    Proceedings of 5th IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics IIAI-AAI 2016, pp.191-196, July 2016.

  9. Tatsuhiro Sakai, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Real-time Local Topic Extraction using Density-based Adaptive Spatiotemporal Clustering for Enhancing Local Situation Awareness,
    The 7th International Joint Conference on Knowledge Discovery, Knowledge Engineering and Knowledge Management, pp.203-211, November 2015.

  10. Keiichi Tamura, Hajime Kitakami, Tatsuhiro Sakai, and Yoshifumi Takahashi:
    A New Distributed Modified Extremal Optimization for Optimizing Protein Structure Alignment
    2015 IEEE 8th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA), pp.109-114, November 2015.

  11. Tatsuhiro Sakai, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Identifying Main Topics in Density-based Spatial Clusters using Network-based Representative Document Extraction,
    2015 IEEE 8th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA), pp.77-82, November 2015.

  12. Keiichi Tamura, Tomoki Matsui, Hajime Kitakami, and Tatsuhiro Sakai:
    Identifying Local Temporal Burstiness using MACD Histogram
    The 2015 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (IEEE SMC 2015), pp.2666-2671, October 2015.

  13. Tatsuhiro Sakai, and Keiichi Tamura:Summarizing Results of Keyword Search on Social Photos using Clustering-based Burst Detection,
    Proceedings of 4th IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics IIAI-AAI 2015, pp.715-716, July 2015.

  14. Tatsuhiro Sakai, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Extracting Topic-related Photos in Density-based Spatiotemporal Analysis System for Enhancing Situation Awareness,
    Proceedings of 4th IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics IIAI-AAI 2015, pp.201-206, July 2015.

  15. Tatsuhiro Sakai, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Emergency Situation Awareness during Natural Disasters using Density-based Adaptive Spatiotemporal Clustering,
    Database Systems for Advanced Applications: DASFAA 2015 International Workshops, SeCoP, BDMS, and Posters, Hanoi, Vietnam, April 20-23, 2015, Revised Selected Papers, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol.9052, pp.155-169, April 2015.

  16. Keiichi Tamura, and Tatsuhiro Sakai:
    Density-based Semantic Spatial Clustering for Extracting Areas of Interesting in Geo-tagged Photo Images,
    in Proceedings of 30th International Conference on Computers and Their Applications CATA-2015, pp.201-206, March 2015.

  17. Shota Kotozaki, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Identifying Burstiness of Local Topic using Location-based Burst Detection with a Classifier Technique
    Proceeding of 2014 IEEE 7th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA),pp.225-230, November 2014.

  18. Tatsuhiro Sakai, and Keiichi Tamura:
    Identifying Bursty Areas of Emergency Topics in Geotagged Tweets using Density-based Spatiotemporal Clustering Algorithm
    Proceedings of 2014 IEEE 7th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA),pp.95-100, November 2014.

  19. Junki Oku, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Parallel Processing for Distance-Based Outlier Detection on a Multi-core CPU
    Proceedings of 2014 IEEE 7th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA),pp.65-70, November 2014.

  20. Keiichi Tamura, Hajime Kitakami, and Yoshifumi Takahashi:
    Bio-inspired Heuristic for Optimizing Protein Structure Alignment using Distributed Modified Extremal Optimization
    Proceedings of 2014 IEEE 7th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA),pp.23-28, November 2014.

  21. Keiichi Tamura and Hajime Kitakami:
    A New Parallelization Model for Detecting Temporal Bursts in Large-Scale Document Streams on a Multi-Core CPU
    Proceedings of The 2014 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (IEEE SMC 2014),pp.519-524, October 2014.

  22. Tatsuhiro Sakai, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Density-based Adaptive Spatial Clustering Algorithm for Identifying Local High-Density Areas in Georeferenced Documents
    The 2014 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (IEEE SMC 2014),pp.527-532, October 2014.

  23. Shota Kotozaki【Distinguished Paper Award】, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    A New Method for Identifying Location-Based Bursts in a Sequence of Batched Georeferenced Documents,
    Proceedings of International Conference on INTERNET STUDIES (Nets2014),15pages, August 2014.

  24. Keiichi Tamura【Best Paper Award】,and Hajime Kitakami:
    Island-Model-based Distributed Modified Extremal Optimization with Tabu Lists for Reducing Crossovers in Reconciliation Graph ,
    Proceedings of the International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2014 Vol I,pp.1-6,12-15 March 2014.

  25. Tatsuhiro Sakai【Best Student Paper Award】, Keiichi Tamura,and Hajime Kitakami:
    A New Density-based Spatial Clustering Algorithm for Extracting Attractive Local Regions in Georeferenced Documents,
    Proceedings of the International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2014 Vol I,pp.360-365,12-15 March 2014.

  26. Keiichi Tamura, and Takumi Ichimura:
    Density-based Spatiotemporal Clustering Algorithm for Extracting Bursty Areas from Georeferenced Documents
    Proceedings of The 2013 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (IEEE SMC 2013),pp.2079 - 2084, October 2013.

  27. Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Detecting Location-based Enumerating Bursts in Georeferenced Micro-Posts
    Proceedings of Second IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics IIAI-AAI 2013, Matsue in Japan, pp.389-394, September 2013.

  28. Akihiro Nakada, Keiichi Tamura, Hajime Kitakami, and Yoshifumi Takahashi:
    Population-based Modified Extremal Optimization for Contact Map Overlap Maximization Problem
    Proceedings of Second IIAI International Conference on Advanced Applied Informatics IIAI-AAI 2013, Matsue in Japan, pp.245-250, September 2013.

  29. Yosuke Watanuki【IEEE SMC Hiroshima Chapter Best Student Presentation Award】, Keiichi Tamura, Hajime Kitakami, Yoshifumi Takahashi:
    Parallel Processing of Approximate Sequence matching using Disk-based Suffix Tree on Multi-core CPU
    Proceeding of 2013 IEEE 6th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA), Hiroshima in Japan, pp. 137-142, July 2013.

  30. Tomoki Matsui, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Location-based Burst Detection Algorithm for Georeferenced Document Streams based on User’s Moving Direction
    Proceedings of 2013 IEEE 6th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA), Hiroshima in Japan, pp.57-62, July 2013.

  31. Keiichi Tamura【Certificate of Merit】, Hajime Kitakami,and Nakada Akihiro:
    Distributed Modified Extremal Optimization for Reducing Crossovers in Reconciliation Graph
    Proceedings of the International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2013 Vol I,pp.1-6,14-17 March 2013.

  32. Shingo Tamura, Keiichi Tamura, Hajime Kitakami,and Kaishi Hirahara:
    Clustering-based Burst-detection Algorithm for Web-image Document Stream on Social Media
    Proceedings of The 2012 IEEE International Conference on Systems,Man, and Cybernetics (IEEE SMC 2012), Seoul in Korea, pp.703-708,14-17 October 2012.

  33. Akihiko Nakada, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Optimal Protein Structure alignment using Modified ExtremalOptimization
    Proceeings of the 2012 IEEE International Conference on Systems, Man,and Cybernetics (IEEE SMC 2012),Seoul in Korea, pp.697-702, 14-17 October 2012.

  34. Kaishi Hirahara【Best Student Paper Award】, Keiichi Tamura, Hajime Kitakami, and Shingo Tamura:
    Parallel Processing of Burst Detection in Large-Scale Document Streams,
    Proceedings of 3rd Annual International Conference on Advances in Distributed and Parallel Computing, pp.60-65, Bali in Indonesia, Sep 17-18 in 2012.

  35. Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Location-Based Burst Detection Algorithm in Spatiotemporal Document Stream,
    The 2012 International Conference on Data Mining (DMIN12), July 16-19, 2012, Las Vegas, NV, USA, pp.195-201, July 2012.

  36. Natsumi Hara, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Modified EO-based Evolutionary Algorithm for Reducing Crossovers of Reconciliation Graph,
    Proceedings of Second World Congress on Nature and Biologically Inspired Computing (NaBIC2010), pp.169-176, December 2010.

  37. Yoshifumi Takahashi, Susumu Kuroki, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Index-based Similar Substructure Searching Using RMSD,
    Protein Structure Databases,
    Proceedings of the 2010 International Conference on Information & Knowledge Engineering (IKE'10), CSREA Press, Vol.U, pp.431-437, 2010.


  38. Kazuya Miyahara, Hajime Kitakami, Yoshifumi Takahashi, Keiichi Tamura and Susumu Kuroki:
    Mining Minimum Generalized Set Based on Multiple Alignments from Mismatch Cluster,
    Proceedings of The 2010 International Conference on Bioinformatics and Computational Biology,pp.35-41,July 2010.

  39. Yoshifumi TAKAHASHI, Susumu KUROKI, Keiichi TAMURA, and Hajime KITAKAMI:
    A Method for Constructing Disk-based Indexes for 3-D Protein Structure Databases,
    Proceedings of the 2009 International Conference on Information & Knowledge Engineering (IKE'09), pp.658-662, Las Vegas in USA, July 13-16 in 2009.

  40. Nobuhisa Kono, Hajime Kitakami, Keiichi Tamura, and Yasuma Mori:
    Extracting Similar Subsequences by Gibbs Sampling with Distributed MGG,
    Proceedings of the 2009 International Conference on Parallel & Distributed Processing Techniques & Applications (PDPTA'09), pp.669-675, Las Vegas in USA, July 13-16 in 2009.

  41. Hiroaki Kimura, Hajime Kitakami, Kotaro Araki and Keiichi Tamura:
    A Stepwise Generalization Method for Extracting Minimum Generalized Set of Mismatch Clusters,
    Proceedings of The 2008 International Conference on Bioinformatics and Computational Biology, pp.998-1004, Las Vegas in USA, July 14-17 in 2008.

  42. Yusuke Sawada, Keiichi Tamura, Kotaro Araki, Makoto Takaki, and Hajime Kitakami:
    Parallel Construction Method of a Disk-Based Suffix Tree on a PC Cluster,
    Proceedings of the 2008 International Conference on Parallel & Distributed Processing Techniques & Applications (PDPTA'08), Vol.II, pp.797-803, Las Vegas in USA, July 14-17 in 2008.

  43. Makoto Takaki, Keiichi Tamura, Toshihide Sutou, and Hajime Kitakami:
    A New Dynamic Load Balancing Technique for Parallel Modified PrefixSpan with Distributed Worker Paradigm and Its Performance Evaluation,
    Proc. of the Sixth International Symposium on High Performance Computing (ISHPC-VI), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol.4759, pp.227-237, January 2008.

  44. Kotaro Araki, Keiichi Tamura, Tomoyuki Kato, Yasuma Mori, and Hajime Kitakami:
    Extraction of Ambiguous Sequential Patterns with Least Minimum Generalization from Mismatch Clusters,
    Proceedings of The Third International Conference on Signal-Image Technology & Internet-Base system (SITIS' 2007): Track Information Management & Retrieval Technologies (IMRT), the IEEE Computer Society Press, pp.32-39, December 16-19 in 2007.

  45. Makoto Takaki, Keiichi Tamura, Yasuma Mori, and Hajime Kitakami:
    A Extraction Method of Overlapping Cluster based on Network Structure Analysis,
    Proceeings of the 2007 IEEE/WIC/ACM International Conferences on Web Intelligence and Intelligent Agent Technology, Workshops on Intelligent Web Interaction 2007(IWI2007), the IEEE Computer Society Press, pp.212-216, Silicon Valley in USA, November 2-5 in 2007.

  46. Makoto Takaki, Yasuma Mori, Keiichi Tamura, Susumu Kuroki and Hajime Kitakami:
    Method for Extracting Frequent Communities from Blog User Spaces,
    Proceedings of the 2007 International Conference on Parallel & Distributed Processing Techniques & Applications (PDPTA'07), Vol.II, pp.773-779, July 2007.

  47. Tomoyuki Kato, Hajime Kitakami, Makoto Takaki, Keiichi Tamura, Yasuma Mori, and Susumu Kuroki:
    Extraction for Frequent Sequential Patterns with Minimum Variable-Wildcard Regions,
    Proceedings of The 2006 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'06 & RTCOMP'06), Vol.U, Las Vegas, Nevada, USA, pp.825-831, June 26-30, 2006.

  48. Makoto Takaki, Keiichi Tamura, and Hajime Kitakami:
    Dynamic Load Balancing Technique forModified PrefixSpan on a Grid Environment with Distributed Worker Model,
    Proceedings of The 2006 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'06 & RTCOMP'06), Vol.U, Las Vegas, Nevada, USA, pp.895-901, June 26-30, 2006.

  49. Shigetaka Tono, Hajime Kitakami, Keiichi Tamura, Yasuma Mori, Susumu Kuroki:
    Efficiently Mining Sequence Patterns With Variable-Length Wildcard Regions Using An Extended Modified PrefixSpan Method,
    The 13th Annual International Conference on Intelligent Systems for Molecular Biology (ISMB2005), Poster No. G22, p.147, Detroit in USA, June 2005.

  50. Makoto Takaki, Keiichi Tamura, Toshihide Sutou, and Hajime Kitakami:
    New Dynamic Load Balancing for Parallel Modified PrefixSpan with Distributed Worker Paradigm,
    Proceedings of InternationalSpecial Workshop on Databases for Next Generation Researchers in Memoriam of Prof. Kambayashi (SWOD2005), pp.96-99, Tokyo in Japan, April 2005.

  51. Makoto TAKAKI, Keiichi TAMURA, Toshihide SUTOU and Hajime KITAKAMI: Dynamic Load Balancing for Parallel Modified PrefixSpan,
    Proceedings of The 2004 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'04), Vol.1, Las Vegas, Nevada, USA, pp.352-358, June 21-24, 2004.

  52. Keiichi TAMURA, Kunihiko KANEKO and Akifumi MAKINOUCHI:
    Design and Implementation of Speculative Implicit Write Lock for Object Database System 'ShusseUo',
    Proceedings of Symposium on Information Science and Electrical Engineering 2003 (ISEE 2003), pp299-302, November 2003.

  53. Toshihide Sutou, Keiichi Tamura, Yasuma Mori and Hajime Kitakami:Design and Implementation of Parallel Modified PrefixSpan Method,
    Proceedings of the fifth International Symposium on High Performance Computing, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag, Vol.2327, pp.412-422, October 2003.

  54. TAMURA Keiichi, NAKANO Yuya, KANEKO Kunihiko and MAKINOUCHI Akifumi:
    Performance Evaluation of the Parallel Processing of a 1-Tree Spatial Join for Geographical Databases,
    Proceedings of PYIWIT02 International Workshop on Information technologies for Network Era, pp.143-150, March 2002.

  55. Keiichi Tamura, Yuya Nakano, Kunihiko Kaneko, and Akifumi Makinouchi:
    The parallel processing of spatial selection for very large geo-spatial databases,
    Proceedings of the Eighth Int. Conf. on Parallel and Distributed Systems, pp.721-726, June 2001.

  56. Taiyong Jin, Kunihiko Kaneko, Keiichi Tamura, Akifumi Makinouchi, and Botao WANG:
    Scalability of DSVM-based Parallel Object Database System ShusseUo for Very Large Spatial Database System,
    Proceedings of the Seventh Australasian Conference on Parallel and Real-Time Systems, November 2000.

[口頭発表(国内会議・シンポジウム等,査読あり)]

  1. 田村 慶一,北上 始,高木 允: Normalized Cutによるセグメント分割を用いた大規模無向グラフの並列クラスタリング手法,先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS2007)論文集,pp.150-151,2007年5月.

  2. 高木 允,田村 慶一,北上 始: Modified PrefixSpan法のためのPCクラスタ間の効率的な動的負荷分散方式にむけて,先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS2006)論文集,pp.232-233,2006年5月.

  3. 田村 慶一,高木 允,北上 始: 遺伝的プログラミングによる調停グラフ交差数減少のための並列分散処理,FCS/テクノシンポ/MPS2005論文集,pp.271-278,2005年10月.

  4. 高木 允,田村 慶一,北上 始: 並列Modified PrefixSpan法のグリッド化とその動的負荷分散手法,FCS/テクノシンポ/MPS2005論文集,pp.241-248,2005年10月.

  5. 田村 慶一,高木 允,北上 始,札埜 有香: 遺伝的プログラミングによる調停グラフ交差数減少の並列分散処理とそのグリッド環境下における性能評価,先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS2005)論文集,pp.258-259,2005年5月.

  6. 周藤 俊秀,高木 允,田村 慶一,北上 始: グリッド環境下における Modified PrefixSpan 法の並列処理とその動的負荷分散方式 先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS2005)論文集,pp.161-168,2005年5月.

  7. 田村 慶一,金子 邦彦,牧之内 顕文: オブジェクトデータベースシステム「出世魚」における隠蔽ロックの実装,第13回コンピュータシステムシンポジウム(CS2003)論文集,pp.103-110,2003年12月.

[口頭発表(国内会議・シンポジウム等)]

  1. 酒井達弘,田村 慶一,北上始:密度に基づく時空間分析システムにおける学習済み深層ネットワークを用いた画像分類,人工知能学会 インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会(第15回), pp.26-32,東京大学,2017年3月4日.

  2. 酒井達弘,田村 慶一,三崎浩平,北上始:A New Parallelization Model using Complex Grid Partitioning for Density-based Spatial Clustering Algorithm on a Multi-Core CPU,第109回数理モデル化と問題解決研究発表会,2016年7月25日.

  3. 酒井達弘,田村 慶一,三崎浩平,北上始:複合グリッドを用いた密度に基づく空間クラスタリングの高速化とその性能評価,2016 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.120-126,広島大学,2016年7月16日.

  4. 犬塚幹浩,田村 慶一,事崎翔太,酒井達弘,北上始:ジオタグ付きツイートを用いた注目キーワードの抽出,2016 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.103-107,広島大学,2016年7月16日.

  5. 高橋 誉文,北上 始,福本 翔平,森 康真,田村 慶一:ギブスサンプラーに基づくアミノ酸配列モチーフの高精度抽出法,第108回MPS・第46回BIO合同研究発表会,沖縄科学技術大学院大学,2016年7月4日〜7月6日.
  6. 酒井 達弘,田村 慶一,北上 始:時空間的な投稿数を考慮した密度に基づく適応的な時空間クラスタリング手法,第8回データ工学と情報マネジメントに関 するフォーラム(DEIMフォーラム2016),ヒルトン福岡シーホーク,2016年2月29日〜3月2日.

  7. 酒井 達弘,田村 慶一,事崎翔太,林田翼沙,北上始:密度に基づく時空間分析手法を用いた実世界トピックの閲覧システム, 第17回IEEE広島支部学生シンポジウム,pp.515-520, 2015年11月.

  8. 事崎 翔太,田村 慶一,北上始:バースト度の地域的な変化の可視化に関する検討, 第17回IEEE広島支部学生シンポジウム ,pp. 525-526, 2015年11月.

  9. 鎌田 真,市村 匠,原 章,田村 慶一,Restricted Boltzmann MachineにおけるWalking Distanceの測定と安定性に関する考察,2015 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.125-128,広島市立大学,2015年7月18日.

  10. 事崎 翔太,田村 慶一,酒井 達弘, 北上始:バースト度の地域的な変化の可視化に関する検討, 2015 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.93-94,広島市立大学,2015年7月18日.

  11. 三崎 浩平, 田村 慶一, 酒井 達弘, 北上 始:複合グリッドを用いた密度に基づく空間クラスタリングアルゴリズムの並列化, 2015 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.69-72,広島市立大学,2015年7月18日.

  12. 酒井 達弘,田村 慶一,事崎翔太,林田翼沙,北上始:密度に基づく時空間分析手法を用いたローカルな話題のリアルタイム抽出, 2015 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.23-26,広島市立大学,2015年7月18日.

  13. 酒井 達弘【学生奨励賞】田村 慶一,北上 始:密度に基づく適応的な時空間クラスタリング手法を用いたトピックの時空間分析手法,情報処理学会第77回全国大会講演論文集(第1分冊),pp.649-650, 京都大学,2015年3月17日〜19日.

  14. 酒井 達弘,田村 慶一,北上 始,伊東 晴奈:地域的なトピック抽出のための密度に基づく適応的な空間クラスタリング手法, 第101回MPS研究発表会,2014-MPS-101(3),6 pages, 2014年12月9日.

  15. 三崎 浩平,田村 慶一,北上 始:空間分割手法を用いた密度に基づくクラスタリングの並列化とその性能評価,第16回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM,4pages, 2014年11月15日-11月16日.

  16. 奥 淳基,田村 慶一,北上 始:距離に基づく外れ値検出アルゴリズムの高速化とその性能評価,第16回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM,5pages, 2014年11月15日-11月16日.

  17. 松井 伯樹,田村 慶一,北上 始:k-近傍による空間的な密度を考慮した位置に基づくバースト検出手法,第16回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM,4pages, 2014年11月15日-11月16日.

  18. 伊東 晴奈,酒井 達弘,田村 慶一,北上 始:ネットワークベースの要約手法を用いた空間クラスタからの代表文書抽出,第16回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM,8pages, 2014年11月15日-11月16日.

  19. 酒井 達弘,田村 慶一,北上 始:時空間クラスタリングを用いた動向情報の時空間分析手法,第16回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM,6pages, 2014年11月15日-11月16日.

  20. 酒井 達弘【優秀賞 in ソフトウェアコンテスト】,田村 慶一:密度に基づく時空間クラスタリング手法を用いた話題の地域分析アプリケーション, 2014 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.17-30, 2014年7月19日.

  21. 事崎 翔太【若手奨励賞】,田村 慶一,北上 始:時空間的な密度を考慮した位置に基づくバースト検出手法, 2014 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.77-80, 2014年7月19日.

  22. 三崎 浩平,田村 慶一,北上 始:密度に基づくクラスタリングアルゴリズムのマルチコアCPU上における並列化, 2014 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.33-36, 2014年7月19日

  23. 高橋 誉文,田村 慶一,黒木 進,北上 始:幾何学的サフィックス木に対する並列処理性能の評価,情報処理学会 第98回MPS・第38回BIO合同研究発表会,2014-MPS-98(21),6 pages, 2014年6月27日.

  24. 田村 真吾【IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手奨励賞】田村 慶一,北上 始:画像付きツイートに対するキーワード検索結果の要約手法, 2013 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.91-94, 2013年7月13日.

  25. 中田 章宏,田村 慶一,北上 始:MEOを用いた蛋白質立体構造アラインメントとその性能評価, 2013 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.73-76, 2013年7月13日.

  26. 事崎 翔太,田村 慶一,北上 始:クラスタへの帰属度を考慮した位置に基づくバースト検出手法の検討, 2013 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.29-32, 2013年7月13日.

  27. 酒井 達弘【IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手奨励賞】田村 慶一,北上 始:文書データの類似度を考慮した密度に基づくクラスタリングによる地域的なトピック抽出, 2013 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.17-20, 2013年7月13日.

  28. 奥淳 基,田村 慶一,北上 始:マルチコアCPU上における距離に基づく外れ値検出の並列処理, 2013 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.13-16, 2013年7月13日.

  29. 中田 章宏,田村 慶一,北上 始,高橋 誉文:CMO問題に対する改良版EOを用いた発見的解法, 情報処理学会数理モデル化と問題解決(MPS),Vol.2013-MPS-92 No.13,6 pages,2013年2月27日.

  30. 中田 章宏,田村 慶一,北上 始,高橋 誉文:複数個体を用いた改良版EOによる蛋白質立体構造アラインメント, 第17回日本知能情報ファジィ学会中国四国支部大会予稿集, pp.31-36, 2012年12月22日.

  31. 田村 真吾,田村 慶一,北上 始 ,平原 海詞:画像付き文書データストリームにおけるバースト検出手法, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.47-50, 2012年7月14日.

  32. 八木 真平,田村 慶一,北上 始:段階的一般化法の高速化に関する考察, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.43-46, 2012年7月14日.

  33. 平原 海詞【IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手奨励賞】,田村 慶一,北上 始,田村 真吾:マルチコアCPU上における文書ストリーム上のバースト検出手法, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.59-62, 2012年7月14日.

  34. 綿貫 陽介,田村 慶一,北上 始,Nguyen Phuong Bac,高橋 誉文:マルチコアCPU上におけるサフィックス木を用いた文字列検索の並列処理, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.35-38, 2012年7月14日.

  35. Nguyen Phuong Bac,高橋 誉文,田村 慶一,北上 始:大規模文字列データベースに対する索引方式の考察, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.13-16, 2012年7月14日.
  36. 中田 章宏,田村 慶一,北上 始,三村 賢太,高橋 誉文:改良版EOを用いた蛋白質立体構造アラインメント, 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.39-42, 2012年7月14日.

  37. 平原 海詞, 田村 慶一, 北上 始:マルチコアCPU上でのマルチプルアラインメントの並列処理, 2011 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.79-82, 2011年7月9日.

  38. 八木 真平, 田村 慶一, 北上 始:マルチコアCPU上での段階的一般化法の並列処理, 2011 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会, pp.75-78, 2011年7月9日.

  39. 宮原 和也,田村 慶一,北上 始:アライメントに基づくミスマッチクラスタからの最小汎化集合の抽出,データ工学と情報マネジメントに関するフォーラムDEIM2010,電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,2010年2月28日〜3月2日.

  40. 河野 修久,田村 慶一,森 康真,北上始:ギブスサンプリングとアラインメント処理に基づく類似部分配列の抽出方式,情報処理学会 数理モデル化と問題解決(MPS)およびバイオ情報学(BIO),Vol.2009-MPS-76 No.46およびVol.2009-BIO-19 No.46,8 pages, 2009年12月.

  41. 河野 修久,田村 慶一,森 康真,北上 始:Gibbs-DMGGにおけるアラインメント処理の影響についての考察,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会,pp.51-52,2009年10月.

  42. 土井 明,田村 慶一,北上 始:Cellプロセッサ上におけるミスマッチクラスタのアラインメント処理,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会,pp.41-42,2009年10月.

  43. 宮原 和也,岡田 一志 ,田村 慶一,北上 始:アラインメント処理に基づく曖昧検索結果からの最小汎化集合の抽出,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会,pp.53-54,2009年10月.

  44. 原 奈津美,田村 慶一,北上 始:教師付きEOによる調停グラフの交差数減少,第60回電気・情報関連学会中国支部連合大会会,pp.49-50,2009年10月.

  45. 河野修久,北上始,田村慶一,森康真:Gibbs-DMGGによる類似部分配列の抽出方式,情報処理学会数理モデル化と問題解決(MPS),Vol.2009-MPS-74 No.3,8 pages,2009年7月.  

  46. 河野 修久,田村 慶一,森 康真,北上 始:分散MGGを用いたギブスサンプリングによる類似部分配列抽出法,データ工学と情報マネジメントに関するフォーラムDEIM2009,電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,Online Proceedings, 2009年3月.

  47. 高橋 誉文,黒木 進,田村 慶一,北上 始:複数の蛋白質立体構造データに対するディスク版索引構造の構築方式,電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,Online Proceedings, 2009年3月. 

  48. 澤田 祐介,田村 慶一,荒木 康太郎,北上 始:ミスマッチクラスタを表現する最小汎化集合の高速抽出,情報処理学会 第72回・数理モデル化と問題解決研究会,pp.73-76,2008年12月.

  49. 澤田 祐介,田村 慶一,北上 始:分散並列環境におけるミスマッチクラスタを表現する最小汎化集合の抽出,第10回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM,D-16,pp.137-140,2008年11月.

  50. 河野 修久【HISS最優秀論文賞】田村 慶一,北上 始:GS最適化手法を用いた類似部分配列抽出法,第10回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM,D-19,pp.114-117,2008年11月.

  51. 澤田 祐介, 田村 慶一,荒木 康太郎,高木 允,北上 始:分散並列環境におけるディスクベースサフィックス木の構築と検索,情報処理学会,第70回数理モデル化と問題解決研究会,Vol.2008, No.65, pp.39-42, 2008年7月.

  52. 澤田 祐介, 田村 慶一,荒木 康太郎,高木 允,北上 始:PCクラスタ上でのディスクベースサフィックス木の並列構築方式,電子情報通信学会 第19回データ工学ワークショップ(DEWS2008),Online Proceedings,8 pages,2008年3月9日〜3月11日.

  53. 河野 修久,加藤 智之,田村 慶一,北上 始:配列データベースから類似部分配列を抽出するためのGS最適化手法に関する考察,電子情報通信学会 第19回データ工学ワークショップ(DEWS2008),Online Proceedings,8 pages,2008年3月9日〜 3月11日.

  54. 木村 浩明,荒木 康太郎,田村 慶一,澤田 祐介,北上 始:段階的一般化法によるミスマッチクラスタからの最小汎化パターンの抽出,電子情報通信学会 第19回データ工学ワークショップ(DEWS2008),Online Proceedings,8 pages,2008年3月9日〜 3月11日.

  55. 澤田 祐介,田村 慶一,荒木 康太郎,北上 始:PCクラスタ上でのディスクベースサフィックス木の並列構築方式,第9回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM, d-22, 4 pages, 2007年11月.

  56. 荒木 康太郎,田村 慶一,加藤 智之,北上 始:ミスマッチクラスタから最小汎化された曖昧配列パターン集合の抽出方式,第9回IEEE広島支部学生シンポジウム,CD-ROM, d-18, 4 pages, 2007年11月.

  57. 高木 允【プレゼンテーション賞】s,田村 慶一,森 康真,北上 始:ブログユーザ空間からの重複を許した頻出コミュニティ抽出法,情報処理学会 第66回数理モデル化と問題解決研究会,pp.49-52,2007年9月.

  58. 田村 慶一, 森 康真, 北上 始:Extremal Optimizationによる調停グラフの交差数減少,情報処理学会 第66回数理モデル化と問題解決研究会,pp.53-56,2007年9月.

  59. 高木 允,森 康真,田村 慶一,黒木 進,北上 始:頻出コミュニティのブログユーザ空間からの抽出手法,情報処理学会・数理モデル化と問題解決研究会,pp.33-36,2007年6月.

  60. 高木 允【学生発表奨励賞】田村 慶一,森 康真,北上 始:ネットワーク構造解析に基づく重複クラスタ抽出法,情報処理学会 第142回 データベースシステム研究会・第87回 情報学基礎研究会,pp.39-45, 2007年5月31日(木)〜 6 月 1 日(金).

  61. 高木 允,森 康真,田村 慶一,黒木 進,北上 始:ブログユーザ空間からの頻出な部分グラフの抽出,情報処理学会第69回全国大会講演論文集(第1分冊),pp.373-374, 2007年3月.

  62. 荒木 康太郎,田村 慶一,加藤 智之,黒木 進,北上 始:最小汎化された曖昧な頻出配列パターンの抽出,情報処理学会第69回全国大会講演論文集(第4分冊),pp.671-672, 2007年3月.

  63. 高木 允,森 康真,田村 慶一,黒木 進,北上 始:ブログユーザ空間からの頻出なコミュニティ抽出法,電子情報通信学会 第18回データ工学ワークショップ(DEWS2007),Online Proceedings,8 pages,2007年2月28日-3月2日.

  64. 田村 慶一,高木 允,森 康真,黒木 進,北上 始:タブーサーチを用いたモジュール性による無向グラフのクラスタリングアルゴリズム,第18回データ工学ワークショップ (DEWS2007),電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,Online Proceedings,8 pages,2007年2月28日-3月2日.

  65. 加藤 智之,北上 始,高木 允,田村 慶一,森 康真,黒木 進:可変長ワイルドカード領域を持つ極小な頻出配列パターンの抽出,情報処理学会・数理モデル化と問題解決研究会,pp.9-14,2006年6月.

  66. 高木 允,田村 慶一,北上 始:グリッド環境下での分散型ワーカモデルを用いたModified PrefixSpan法の動的負荷分散方式,情報処理学会・数理モデル化と問題解決研究会,pp.51-57,2006年6月.

  67. 高木 允【学生奨励賞】田村 慶一,北上 始:分散型ワーカモデルを用いたグリッド環境におけるModified PrefixSpan法の動的負荷分散方式,第68回全国大会(学会創立45周年記念大会)講演論文集(3),pp.149-150,2006年3月
  68. 荒木 康太郎,田村 慶一,加藤 智之,黒木 進,北上 始:曖昧検索に基づく最小汎化パターンの抽出法,電子情報通信学会 第18回データ工学ワークショップ(DEWS2007),Online Proceedings,8 pages,2007年2月28日-3月2日.

  69. 加藤 智之,北上 始,森 康真,田村 慶一,黒木 進:極小な可変長ワイルドカード領域を持つ頻出配列パターンの抽出,第17回データ工学ワークショップ (DEWS2006),電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,Online Proceedings,2006年3月.

  70. 高木 允,田村 慶一,北上 始:グリッド環境下での分散型ワーカモデルを用いたModified PrefixSpan法の動的負荷分散方式,第17回データ工学ワークショップ(DEWS2006),電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,Online Proceedings,2006年3月.

  71. 劉 強,北上 始,黒木 進,田村 慶一,森 康真:画像データベースにおける索引構造の効率化,第16回データ工学ワークショップ (DEWS2005),電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,Online Proceedings,2005年3月.

  72. 高木 允, 田村 慶一, 周藤 俊秀, 北上 始:分散型ワーカモデルによるModified PrefixSpan法の並列処理とその動的負荷分散手法,第16回データ工学ワークショップ (DEWS2005),電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,Online Proceedings,2005年3月.

  73. 札埜 有香,田村 慶一,森 康真,北上 始:遺伝的プログラミングによる調停グラフの交差数減少とその並列分散処理,第16回データ工学ワークショップ (DEWS2005),電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,Online Proceedings,2005年3月.

  74. 井上 俊治,北上 始,黒木 進,森 康真,田村 慶一:異種データベース統合のためのスキーマ間の対応付けに関する研究,第6回IEEE広島学生シンポジウム,pp.309-312, 2004年12月.

  75. 周藤 俊秀,田村 慶一,北上 始:グリッド環境下における並列 Modified PrefixSpan 法の動的負荷分散方式,第6回IEEE広島学生シンポジウム,pp.206-209, 2004年12月.

  76. 高木 允,田村 慶一,北上 始:分散配置された配列データからの頻出パターン並列抽出方式,第6回IEEE広島学生シンポジウム,pp.276-279, 2004年12月.

  77. 石橋 和枝,高木 允,周藤 俊秀,田村 慶一,北上 始:並列Modified PrefixSpan法におけるチェックポイント/リスタートの実装と性能評価,第6回IEEE広島学生シンポジウム,pp.298-301, 2004年12月.

  78. 田村 慶一,高木 允,岩木 稔,北上 始:PCクラスタにおける混合整数計画問題の並列処理とその性能評価,情報処理学会 第51回数理モデル化と問題解決研究会,pp.25-28,2004年9月

  79. 高木 允,田村 慶一,周藤 俊秀,北上 始:並列Modified PrefixSpan法における負荷分散手法,情報処理学会・数理モデル化と問題解決研究会,pp.9-15,2004年6月.

  80. 塔野 薫隆,北上 始,田村 慶一,森 康真,黒木 進:Modified PrefixSpan法を用いた頻出正規パターンの抽出をめざして,第15回データ工学ワークショップ (DEWS2004),電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,Online Proceedings,2004年3月.

  81. 高木 允,周藤 俊秀,田村 慶一,北上 始:並列Modified PrefixSpan法における動的負荷分散手法,第15回データ工学ワークショップ (DEWS2004),電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,Online Proceedings,2004年3月.

  82. 塔野 薫隆,田村 慶一,森 康真,北上 始,黒木 進:可変長ワイルドカード領域を含む頻出パターンの抽出方式,第5回IEEE広島学生シンポジウム,pp.194-197, 2003年12月.

  83. 高木 允,小川 直人,周藤 俊秀,塔野 薫隆,田村 慶一,北上 始:グローバルグリッド上での並列Modified PrefixSpan法,第5回IEEE広島学生シンポジウム,pp.168-171, 2003年12月.

  84. 周藤 俊秀, 田村 慶一, 森 康真, 北上 始:配列データに対する頻出パターンの並列抽出方式,第14回データ工学ワークショップ (DEWS2003),電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,Online Proceedings,2003年3月.

  85. 井上 俊治,北上 始,森 康真,田村 慶一,黒木 進:異種分散データベースの統合支援システム,第4回IEEE広島学生シンポジウム,pp.235-238, 2002年12月.

  86. 周藤 俊秀,田村 慶一,森 康真,北上 始,黒木 進:配列データに対する頻出パターンの並列抽出方式,第4回IEEE広島学生シンポジウム,pp.200-203, 2002年12月.